会社情報

ごあいさつ

当社は、昭和44年に長野県飯田市で創業以来、地元企業の協力工場として少しずつ仕事を増やしながら事業を拡大し現在に至っています。当社が扱ってきた製品は特殊なものが多く、航空機やヘリコプター、船舶などに搭載される計器類の修理をはじめ、これらの姿勢制御に使われるジャイロセンサ、工作機械やエレベーターなど自動制御機器に使われるエンコーダなど、さまざまな精密機器やセンサの製造に携わって参りました。
おかげさまで創業から半世紀以上に亘り、国内を始め、世界各国ユーザーの皆様へ「高精度」・「高品質」・「高信頼」の製品を提供させていただいています。
当社は、顧客が完全に図面化した製品の生産を受託しており、品質管理や生産管理においては、ISO 規格の取得など万全を期して、「品質・納期」については徹底して取り組んでいます。
近年は、日本の産業構造の変化により、大手メーカーの海外シフトや国内産業の空洞化が懸念されています。次世代産業として期待されている新分野への参入、新規顧客の開拓、新規事業の立ち上げなど、新たな可能性を探索しています。
時代の変化に機敏に対応し、更に高度化する技術に挑戦すると共に、環境にやさしい「ものづくり」と、人と自然の調和を考え地域社会の発展に貢献して参ります。

代表取締役

徹底した品質管理・生産管理

お客さまに安心して製品をご使用いただきたいという思いから、常に厳しい基準で品質を管理しています。お届けされるまでの全工程を通して徹底した品質管理・生産管理を行っています。

会社概要

商号 株式会社 丸宝計器   (英文名  Maruhou Keiki Co., Ltd. )
役員 取締役会長    塚原   均
代表取締役    日野 英三
常務取締役    佐々木 敬二
所在地 〒395-0805  長野県飯田市鼎一色303番地1(本社工場)
〒395-0801  長野県飯田市鼎中平2377番地(鼎中平工場)
TEL 0265-23-3094(代表)
FAX 0265-21-1772
事業内容 ・角度センサ(エンコーダ)の製造
・慣性センサ(ジャイロ)、加速度計、関連機器装置の製造
・航空・宇宙・防衛関連製品の製造及び修理
・労働者派遣事業(派20-300285)
・ソフトウェアの開発
関連会社 株式会社 エムケーシー(100%子会社)
資本金 2,000万円
社員数 グループ全体 70名
創立 昭和44年(1969年)4月1日
取引銀行 飯田信用金庫
八十二銀行
商工組合中央金庫
主要取引先 多摩川精機株式会社
多摩川精機株式会社グループ各社

会社沿革

昭和44年04月 航空計器や特殊機器の修理、オーバーホールを主に塚原計器として創業。
昭和45年04月 法人組織に改め、資本金333 万円で株式会社丸宝計器を設立。
昭和46年10月 業務拡張にともない新工場(256 ㎡)を建設し、資本金を500 万円に増資。
昭和56年09月 資本金1,000 万円に増資。
昭和57年12月 業務拡張にともない完全空調システムのクリーンルーム完備した工場(594 ㎡)を増設。
昭和58年04月 既設工場を改築。
平成 元年06月 創立20 周年記念を実施。
平成02年09月 資本金2,000 万円に増資。
平成11年08月 ISO 9002 認証取得。
平成13年10月 ISO 9001:2000 認証取得。
平成18年08月 南信州いいむす21 中級(ISO 14001に準拠)認証取得。
平成22年04月 設立40 周年記念を実施。
平成25年03月 航空・宇宙・防衛のQMSであるJIS Q 9100:2009 認証取得。
平成27年08月 制御系計測ソフトの改修、新規作成を主にソフトウェア開発室を開設。
平成28年12月 難削材の精密切削加工を得意とする有限会社手嶋製作所(長野県北安曇郡池田町、現商号 株式会社エムケーシー)を子会社化。
平成30年12月 鼎中平工場(長野県飯田市)の改修工事完了。
令和 元年05月 ISO 9001:2015 認証取得。

経営方針

〇  健全な経営を目指し、私たちの生活向上と地域発展のために努める。
〇  地域環境への配慮と法令等を遵守し、地域と共に進む。

品質方針

〇  客先不具合の低減
〇  固有技術力の強化・継承
〇  弛まざる改善・意識の改革

環境方針

〇  私たちの住む地球を守るために、地球温暖化対策に貢献すると共に、周辺への環境影響を最小限にします。
〇  環境への法規制及びその他の要求事項を遵守、マネージメントレビューを実施し、継続的改善を行います。
〇  この方針は、実行し、維持し、全社員に周知徹底します。

平成27年5月21日 改訂
株式会社 丸宝計器

代表取締役  日野 英三

アクセスマップ

Page Top